遠藤誠建築設計事務所 MAKOTO ENDO ARCHITECTS

遠藤誠建築設計事務所
MAKOTO ENDO
ARCHITECTS

北千束N邸 南北の棟をスロープで繋ぐコの字プラン- <前のページ 次のページ>

北千束N邸 <前のページ 次のページ>
南北の棟をスロープで繋ぐコの字プラン- 

リビングより中庭と格子向こうのガレージを見る

キッチンよりLDと中庭へ続く石壁を見る

玄関ホールと軽やかな吊り階段

ガレージと格子越しに見える中庭

中庭の植栽を照らす光と影

中にWよりリビングダイニングを望む夜景

格子から漏れ出す中庭照明の光

敷地は南北に長く、南側接道で東西北側はかなり隣戸が近接した状況でした。建蔽率から一定の空地と、ご要望の床面積などからほぼ総2階とする必要がありましたが、限られた庭をどこに確保するのが難しい…。熟考の末、内部各所での採光通風や眺望と、プライバシー確保の両立を果たすべく、思い切って真ん中に庭を設けることにしました。ただし、その案の場合、中庭自体が暗く空気が淀むような場所にはさせないことが重要なミッションとなります。
そのひとつは、ご要望の2台分ガレージを密閉するのではなく、屋根はあるものの中庭とは格子を介して繋がる関係としました。風が抜けるのはもちろんのこと、適度に見え隠れする関係、特に夜間の外部照明の美しさなどを考慮してのアイデアです。もうひとつは、中庭の北側よりも南側の棟は高さを抑えること。より多くの自然光を中庭へ誘い、白壁の反射も含めて囲われながらも明るさを抱く空間とする企てです。その際、南北をつなぐ2階の床はスロープを採用(ルンバの使用も考慮)したのもこの計画の特徴です。
更にこの住宅の特徴をもうひとつ挙げるとすれば、吊り階段でしょうか。当事務所としてもはじめてで、設計、施工とも非常にてこずりましたが、何とかイメージ通りのものが完成したと思います。「見せる」階段として、これで思いつく方法は一通りやり尽くした感があります。(吊り階段の以外としては、側桁、イナズマ、力桁、トラス、螺旋なども含め)階段は住宅を設計する上で、意匠上の花形的存在でもあります。お好みの階段がありましたら、そこからイメージを膨らませた住宅設計のご依頼…、お待ちしております。
 

 
計画概要
所在地 東京都大田区北千束
主要用途 個人住宅
家族構成 夫婦+子供2人
設計 建築 遠藤誠建築設計事務所
構造 野村基建築構造設計
施工 近藤工務店>
撮影 遠藤誠建築設計事務所
敷地面積 166㎡(50坪)
建築面積 99㎡(30坪)
延床面積 168㎡(51坪)
構造 木造軸組構造
階数 地上2階
設計期間 2019.10~2020.06
施工期間 2020.07~2021.03
 
<前のページ 次のページ>